富士山世界遺産センター

富士山が世界遺産に登録されて4年半が経ちました。静岡県富士山世界遺産センターが12月22日開館、23日から一般公開されています。昨夜、久しぶりに雨が降り今朝の富士山は化粧直し、富士山の姿に惹かれて見学に行ってみました。

富士山と逆円錐形のフォルムが水盤に映り込みきれいです。水盤は花崗岩で水は3㎝ほど張ってあるそうですが、周囲を歩いていて落ちたら怖いと感じてしまう不思議。富士ヒノキの木格子には鳥居の影が映っていました。センターは3棟で構成されていて、逆さ富士のフォルムのこの部分は展示棟です。内側は螺旋のスロープになっていて、ちょっと暗さを感じるその壁面にはずっと富士山の風景が映し出されていました。富士登山の模擬体験だそうです。映像シアターや様々な展示もあったのですが取り急ぎ次回ゆっくりと。家から歩いて10分、大学生以下と70歳以上は無料なのです。 

設計は建築家の坂茂さん。

PC250223-6

PC250227-6

PC250220-6

展示棟内部から木格子が間近に見えます。展示棟スロープを上りきって展望ホールから外へ、半円形のテラスから富士山と富士宮市内が広範囲に見渡せました。とっても温かな良い日和。がんばって年賀状仕上げて投函、外からの窓ガラスと網戸洗い。もういくつ寝るとお正月・・・だんだん忙しくなります。

PC250238-6  PC250232-6

広告
カテゴリー: 富士宮市, 富士山 | タグ: , | 2件のコメント

今日の富士山

12月18日 今朝の富士山です。朝5時の気温1度、11時過ぎて、お日様に向けた背中に心地よい温もりが感じられます。なんとのどかに漂う雲、冬を感じさせない空です。西から東へゆったりと富士山を越えて。でも、風は冷たいのですよ。

PC180199-6

PC180197-6 

                                       PC180191-6

カテゴリー: 富士山 | 2件のコメント

まとめて12月

断捨離、終活、大掃除、全部まとめてエンヤコラ。がんばって、今日でカーテンの洗濯は終わりました。お年玉の準備もしました(^o^)

まとめて富士山

PC010111-6 PC010119-6

12月1日、日没後(4時58分)微かに染まっていた朱、赤みが山肌を駆け上がって3分足らずで山頂へ。

PC030121-6

3日、12月の第一日曜日は静岡県の防災訓練の日。東南海地震に備えて9月(全国)と2回行われます。9時15分避難開始、地区ごとに集合して団体で避難場所の会場へ移動してきます。非常食の作り方と試食でした。 その朝、富士山もヘルメット姿でお出まし(^^) 

PC100142-6 PB240101-6

PC100138-6   PC100150-6

公園の日だまりは温かです。落ち葉も一段落、溶岩の風よけで水仙の魁け、山茶花は大きな花で異常に数が多く、妖しげな雰囲気(^^;) 寒さに強く、水も肥料の心配も無く日向が好きという通称夏水仙が咲き始めました。ネリネの一種らしい(彼岸花に似ている)

PC120157-6

PC120162-6

今日はこの冬で一番寒いと感じました。朝2度、日中は11度の予報でした。富士山は雪が降っては西風に飛ばされ、最近はずっとこんな貌が多いのです。

カテゴリー: , 富士山 | タグ: | 4件のコメント

富士山→宝永山↘伊豆半島・駿河湾

今期一番の寒い朝、外の温度計は3度、午後2時、13度です。柿の木に温度計を吊して、部屋からガラス越しに見る折々の気温。柿の葉はまだ色づきもせず、台風に飛ばされた以外は散りもせず、シャンとして緑。富有柿で隣家との境、落ち葉が気がかりで剪定し過ぎたせいかしら?元気。  1週間前、インフルエンザワクチンを接種に行く道すがら、柿の葉独特の模様に染まった数枚を拾って医院に着くまで持っていましたが、扱いに戸惑って捨ててきました・・・

今朝、歯医者さんから帰ってきて11時前、この時間にまだ雲ひとつない青空、富士山。宝永山の火口の縁が白いラインに見えました。ここから内側が火口。富士山南面の雪の吹きだまり?ぱっくり開いた火口が見える裾野や御殿場からは冬の厳しさが見えるはず。

私の目で富士山を正面に見て右稜線上の小さな膨らみが宝永山、見えない火口に思いを巡らせて2枚目。 長い裾を下ると愛鷹連山、一番高いのが越前岳。(3枚目)

4枚目、愛鷹連山の裾の向こう、目をこらすと伊豆半島が見えます。5枚目、建物のバックに伊豆半島と上に浮かぶ雲、島の手前に小さく駿河湾が見えます。滅多に見えない光景、北西の冷たい風からのプレゼントかな(*^_^*)

 PB210063-6 PB210077-6

PB210064-6

PB210065-6

PB210068-6

カテゴリー: 富士山 | タグ: , | 2件のコメント

寒い!

PB110735-8  PB150024-6

左:15日 11:30       右:16日 16:50(ヘッダー画像)雲の形が原子力空母ロナルドレーガンのように見えました(^^;)

PB190029-6 昨日(18日)朝から冷たい雨が降りました。今朝は寒い晴天、5度でした。富士山の白いスカートは丈が長くなって裾も広がってきましたよ。ペチコートが風に飛ばされてか、ふっくら感なく寒々しい(^o^) 

PB190057-6 PB190062-6

日が沈んで、ちょっと出遅れの5時、こんな赤さでした。

PB120005-4 PB190045-6

朝顔が終わって片付けた後、鉢に落ちた子供の種が芽を出し花を咲かせています。花は桔梗くらいの小さい花、秋の七草に朝顔(桔梗のものも)が入っていますが、桔梗に似ています。

ハイビスカスの花も小振りになりました。雨の予報に部屋に取り込み2日目の花、もう1日頑張れそう(*^_^*)

明日の予報も寒いとのこと・・・

カテゴリー: 富士山 | タグ: , | 4件のコメント

秋祭と富士山

昨日の朝(9日)、気づいた富士山はこんな貌。前髪パッツン。

前日、積もった雪の後に風が吹いたのでしょう、ふっくら真っ白は跡形もなしでした。雪が降ったこと、風が吹いたこと雲が包み隠して・・・人はそんな自然を見習わなくてもいいのに~(^^;)

PB090730-6

      PB090726-6

3日~5日、富士宮浅間大社の秋祭りでした。各連・20基の山車屋台が、街のあちこちでお囃子の競り合いと踊りを披露しました。

4日、夕方4時からの共同催事がメインイベント、初めて間近で見ました。宮町通り、神田川畔に全ての山車を社殿に向けて並べ一斉に囃子を打ち鳴らし奉納しました。

A1046648-6  A1046657-6

商店街に集った山車を社殿の方向に向ける調整、ひたすら人力、慣れた様子は祭のベテラン。各連の高張り提灯に囲まれて神官の祝詞とお祓いの後に一斉囃子。合図は4時を知らせる広報無線から流れる「富士山(♪頭を富士の上に出し・・・)」のメロディーが終了と同時(^o^) 怒濤のように。

A1046634-6  A1046666-6

神田川畔に並んだ山車、左は開始待ち、右は終了後、この時富士山が見えてきました。そろそろ冷気を感じます。山車は三々五々、決まった競り合いと踊りを9時頃まで続けます。

カテゴリー: 祭り, 富士山 | タグ: , , | 4件のコメント

富士山も雨に濡れて

日めくりの切り取り跡の厚さ、トイレの小さいカレンダーは最後の1枚・・・残り2ヶ月は推して知るべし、私の時流は超速です。

過日の台風22号は、風の強かった21号と違って長時間で大雨、一過の富士山は珍しい山肌を見せていました。山頂から植生の境界まで黒みを帯び、土の湿りが感じられる初めての顔色でした。山梨県側からの映像は冬の様な積雪、南面は雪のない富士山、対照的です。雲は西から東へ東へ・・・海へ

PA300688-6

PA300696-8

そろそろハイビスカスを屋内に取り込まなければと思いつつ、雨の一夜を(^^;) 小振りで厚着の花びらに色を集め、雨の雫を宿らせて2日目を咲いています。鍛えの晩秋m(_ _)m 軒下に入れよう・・・

右は公園の大王松から落ちた松ぼっくり。雨に叩かれて落ちてしまった幼いぼっくりはどうなる?

PA260660-6  PA260642-4

カテゴリー: 富士山 | タグ: | 4件のコメント